クラウドソーシングサイトのおすすめ6選

クラウドソーシングサイトが現在たくさんあり、どれから仕事を受ければいいのかわからないという人や時間があるから働きたいけど、子供が小さく働ける時間が限られているけど自分の収入が欲しいと思っている人などいると思います。

そこで今回はクラウドソーシングサイトのおすすめをどんな人が向いているのかを踏まえてご紹介していきます。よかったら参考にしてください!

クラウドソーシングサイトの見分け方

クラウドソーシングサイトは現在たくさんあります。自分がどのジャンルの仕事ができるのか?またどんなジャンルの仕事をしたいかによってかわってきます。もちろんスキルや資格などを持っている人などは高収入をえることができますし、全くの初心者から始めるという人でもできる仕事なんかもあります。それぞれに特化しているサイトなどもあります。

クラウドワークス

国内最大級を誇る「クラウドワークス」はWebデザインやサイト作成・デザイン、ロゴ作成など188種類の仕事を受けることができます。

登録者数も140万人を超えていることから自分にあった仕事が見るかもしれません。ですが「クラウドワークス」はスキルや資格を持っている人が稼ぎやすい構造になっているため初心者のうちは仕事を受注するのにも一苦労するかもしれません。

ランサーズ

「クラウドワークス」に並ぶ大手クラウドソーシングサイトです。日本で最初にできたクラウドソーシングサイトでTVや雑誌や新聞などに取り上げられていて、多くの仕事があるます。官公庁や大手企業なども利用しているので、安定した仕事を請け負うことができるかもしれません。

ママワークス

好きな時間に好きな場所で新しい仕事(ワーク)のかたちをコンセプトにしているだけあって主婦や子育て中のママさんが空いた時間を使って効率よく稼ぐことができるお仕事を多数掲載してくれています。

shufti(シュフティ)

2007年にスタートした老舗のワークサイトです。未経験のためのサポートがとても充実していて、初心者や未経験者でもできるライティングや事務作業に強く、プロジェクト方式の仕事のためやりがいを感じることもできるサイトです。

Sagoooワークス(サグーワークス)

ライティング(記事作成)に特化しているサイトといえます。テキスト作成とアンケートの2種類から選ぶことができるようになっているため、最初は簡単なお仕事でやり方を学び徐々に高単価のものにシフトして行くこともできるためライティングをやるならばサグーワークスです。

Woman&Crowd(ウーマンクラウド)

女性向きのお仕事が多く掲載されていて、サイバーエージェントグループが運営をしています。アンケートやデータ入力などPC/スマホがあれば仕事を請け負えるようになっています。女性会員数は25万人と多く、家事や育児の間にも取り組めるようになっています。

クラウドソーシングサイトに登録しよう

クラウドソーシングサイトは登録するのにお金はかかりません。お仕事をした時に発生する報酬から少し手数料が取られるだけになるので、まずはいろんなサイトで登録した方がいいでしょう。登録して必ずプロフィールをしっかりと作成しましょう。嘘はダメです!子育て中や学生など本当のことを書き、自分ができそうなお仕事はどんどん応募するのがいいでしょう。
ですが、相手はクライアントでお仕事をふってくれているので納期に無断で遅れてしまうとか途中で勝手に投げ出すというようなことはやめましょう。初心者ならば最初は必ずサポート体制のあるクライアントしか仕事をふってくれません。質問したり教えを乞うことはなんら恥ずかしいことではありません。