フリーランスって何?個人事業主とは違うの?

ここ数年でよく聞くようになった言葉の一つとして「フリーランス」というものを聞いたことはありませんか?
そのフリーランスとはどんな人たちのことを指す言葉なのでしょうか?また個人事業主とはどういった違いがあるのでしょうか?
今回は「フリーランスとは?」というテーマでまとめてみました。

フリーランスとは?どんな職業なのか?

仕事をしたいときに特定の企業や組織などと雇用契約を結び決められた仕事をこなすことで「月給」というお給料をもらうというのが、日本人の多くの働き方になります。つまりは特定の企業や組織に専従しているということになります。
それに対して「フリーランス」とは雇用契約をどことも結ばず専従されることなく仕事をやり遂げることでその「報酬」としてお給料をもらうという働き方になります。つまりは「一人親方」なんて言い方するとわかりやすいかもしれません。雇用契約を結んでいないためにどことでも自由に仕事を請け負うことも可能になっているため「自由業」や「自由職業」ということになります。

また「フリーランス」とは特定の事業のことを指すのではなく、働き方などを指す言葉となっています。

フリーランスと個人事業主の違いとは?

個人事業主というのは「株式会社」や「合同会社」などの会社を設立せずに個人で事業をしているものに対して、フリーランスは先ほど説明した通り働き方を意味する言葉となりますので、個人で事業をしていて会社を設立せずに事業をやっている場合は「個人事業主」になるということになります。
会社を設立したら「フリーランス」というわけではなく、明確な違いとは会社を設立していれば「個人事業主にはならない」という点だけになります。
会社を設立していない場合は「個人事業主」でも「フリーランス」でも違いは特にありません。

どんな職業がフリーランスになることができるのか?

特定の職業が「フリーランス」になれるというわけではありません。雇用契約を結ばずに仕事を請け負う形であれば誰でも「フリーランス」になることも可能となっています。
例えば、芸能界で考えて見ましょう。「吉本興業」などの事務所に所属している芸人さんであればそれは「雇用契約」に入りますので吉本興業に専従していることになります。それに対して極楽とんぼの加藤浩次さんが「エージェント契約」というものを結んで2019年に結んだことで話題となりました。これは吉本興業を通すことなく仕事をすることが出来るというものになります。
この「エージェント契約」というものは吉本興業からの仕事を1つのエージェントからの仕事してやるが他からも仕事を請け負うことが出来るというものになります。つまりは「独立」したのに近いものということになっています。雇用ではなく仕事を請け負って仕事をしているというところを見ると「フリーランス」に近い働き方となります。こうした芸能界でも事務所に所属することなく仕事しているという人は「フリーランス」ということになります。
どんな仕事でも「特定の企業や組織に属さずに仕事のみを請け負う」というスタイルがフリーランスとなるということになります。ですが、それだけではわかりにくいかもしれませんので具体的にフリーランスに多い仕事を一部紹介すると、
・システムエンジニア
・プログラマー
・Webライター
・カメラマン
・デザイナー
などがフリーランスとして働きやすい職業になります。

フリーランスになるためにはどんなことをすればいいのか?

フリーランスになるためには収入を得るためにスキルをなどを身に付ける必要があります。それはどんな仕事でも構いません。長年続けてきた仕事ならばそれをわざわざ辞めて新しいスキルを覚えなくてもその仕事で独立してやっていけそうならば、今の会社と相談して独立する相談をすればすぐにでも今まで以上の収入を得ることが出来るという場合もあります。
ですが、その続けてきた仕事が独立出来なさそうということであればお金を稼ぐために何かスキルを身に付けるしかありません。最近では「クラウドソーシングサイト」というものがあり、インターネット上で仕事を請け負うことが出来るようになっています。そのため自分がやってきたことをそこで活かす場合もあるでしょう。でも何もない!というのであれば「Webライター」という仕事が初心者でも受けやすく入り口としては一番いいかもしれません。
特別なスキルもなくパソコンで文章をうつことが出来れば初心者でも比較的に簡単になれるでしょう!

フリーランスのまとめ

フリーランスの最大の魅力が自由に仕事が出来るということになります。もちろんクライアントの都合などもありますが、例えば月初めに仕事を終わらせてあとは月末まで自由に旅行へ行ったり遊んだりということも出来ます。極端な話し数ヶ月フルで働いて残りの数ヶ月を仕事しないという生活スタイルの人もいます。全てを在宅ワークでおこなえるようになれば日本に留まっている理由もありません。海外へ旅行をしながら仕事をしたり、物価の安い国で暮らして収入は日本円で受け取ることが出来るという生活もおこなえるようになっています。
今までのように何十分から何時間もかけて通勤する必要もありませんし満員電車で嫌な思いをすることも無くなるでしょう!
そんな「フリーランス」の生活に憧れを持つならば行動するしかありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です