ノマドとは?実際ノマドとしてやっているのか?

最近では「フリーランス」という言葉をよく聞くようになりました。そのフリーランスと一緒に聞くようになったのが「ノマドワーク」です。でもその「ノマド」っていうのはどういったものなのでしょうか?そこで今回は「実際にノマドとしてやっているのか」をテーマにまとめてみました。

「ノマド」「ノマドワーカー」「ノマドワーク」とは?その違いとは?

「ノマド」とはどういった意味のものなのでしょうか?そもそもそれぞれの違いとはどんなものなのでしょうか?

「ノマドワーカー」とは、自宅や会社などのような場所で働くということでは無くノートパソコンやタブレット、あるいはスマートフォンなどの端末を使ってWi-Fi環境のあるような場所ならばどこでも仕事ができるような人のことを指しています。通常仕事は一定の場所で働くことになりますが、「ノマドワーカー」になれば、自宅や会社などでは無くカフェやコワーキングスペースというような場所で働くことも可能となっています。
それに対して「ノマドワーク」とはその働き方を指す言葉となっています。そのため違いは働き方を「ノマドワーク」で人のことを「ノマドワーカー」ということになります。それらを略して「ノマド」と言ったりしています。

最近聞くようになった「フリーランス」と「ノマド」というものは違いがあります。「フリーランス=ノマドワーカー」ということでは無く、フリーランスはあくまで雇用契約の無い個人事業主としての働き方になります。ですが「ノマドワーカー」は企業や会社に勤めていても会社に出社する必要が無く、自由な場所で仕事ができるのであれば「ノマドワーカー」とも言えるでしょう。

ノマドワーカーとしてどんな仕事が成り立つのか?

会社に出社する必要が無く自由なところで仕事ができる聞くと憧れるという人もいませんか?でも最近ではインターネットの普及によりいつでもどこでも連絡は取れるようになっただけでは無く、テレビ電話などを駆使して会議するということもできるようになりました。そのため企業に勤めていても月に数回会社へ出社するだけであとは田舎などの地方に籠もって仕事をしているような人も出てきています。ですが、どんな仕事ならば「ノマドワーカー」になることができるのでしょうか?

・プログラミング
・デザイナー
・ブログ運営
・Webライター
・カメラマン
・アフィリエイト
・YouTuber

などが「ノマドワーク」として成り立ちやすいものになっています。

ノマドワークの魅力やメリットとは?

ノマドワークの魅力とはどんなところにあるのでしょうか?

仕事をする場所が決められていないためどこでも仕事ができる

ノマドワークは仕事の場所を決められていない働き方になります。そのためどこで仕事をするにも自由ということになります。それが自宅でも友人の家でもカフェで仕事をすることだって可能となっています。職業によっては海外へ旅行に行きながら仕事をしたり海外へ在住をして仕事をすることも可能となっています。
そのため「ノマドワーカー」として年々物価の安い国へ行き、移住しながら仕事をしているような人も多くなっています。

仕事の時間も自分で決めることができる

場所を自分で決めることが出来ますが、時間も自由に決めることが可能となっていることも多くなっています。仕事を自分のペースで決めておこなうことができるので、思いつくまま旅行へ行ったり急なお誘いにも参加することが可能となっています。
子供がいるような人であれば、昼間は子供の世話をしたり遊んだりして夜の寝静まった後から仕事を開始するようなことも可能となっています。

実際にノマドワークとしてやっていくためには?

では実際のノマドワークとしてやっていくためにはどうすれば良いのでしょうか?

現在の仕事で出来るのかを確認する

新しく仕事をするというよりは現在勤めいている会社や企業で「リモートワーク」が出来る職種であるかどうかにもよります。例えば工場で勤務しているような人であればそれは厳しいですが、会社で一日中パソコンをやりながら書類作成しているような会社であれば可能かもしれません。
収入面では下がってしまう可能性もありますが、今の仕事のままノマドワーカーになれるのであればそれにこしたことはありません。まずは自分の職種を考え、会社と相談してみましょう。

パソコンがあれば稼ぐことが出来るスキルを覚える

ノマドワーカーとしてやっていくためにはパソコンやタブレットなどで稼ぐことが出来なければ成立しません。そのためパソコンなどの端末で稼ぐことを覚えなくてはいけません。パソコンで稼ぐと言っても仕事内容はたくさんあります。どのスキルを覚えるかによって違ってきます。

オススメとしては「Webライター」をやりながら「ブログ運営」をするということです。「Webライター」は比較的に初心者でもなりやすい職種と言えますし、初心者でもサポートしてくれるようなクライアントが多くいるということがあります。そのためまずは「クラウドソーシング」というサイトを使って副業としてでも良いので「Webライター」になってみるというのが良いかもしれません。

他にも「スクールに通う」というのも良いでしょう。数十万円かかってしまうこともありますが、数ヶ月で稼ぐためのスキルを覚えることが出来るので初期投資と思ってやるのも良いと思います。高い授業料を払わなくても「職業訓練」などの公共サービスを利用するということも出来るでしょう。ただスクールよりは初心者よりになってしまうためにすぐに仕事が受けられるというわけでは無いかもしれませんが、新しいスキルを身に付けることが出来ると言えます。

ノマドのまとめ

日本でも「働き方改革」なんて言われていますが、どんどん変わっていくのは大企業だけです。その大企業が変わって数年後にやっと中小企業が変わっていきます。大企業でも今でも「残業代未払い」というニュースを目にすることはありませんか?今でも日本は会社のために汗水垂らして文句を言わずやるのが美徳なんていう考え方がありますが、そんな時代は世界を見ればとっくに終わっています。人生一度きりです。
好きなことをしながら好きな場所で働くことが出来れば一番幸せなのでは無いでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です